読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Have Fun、な気持ちで。

おもう、かく、かたちにする。

明日はもっと。

『明日はもっといい日になると思いますか?』

 

わたしは迷わず「はい」をクリックする。

 

ーーーーー

 

たしか秋葉原

就活中だったわたしはなにやら試験を受けろと言われたので、

とある雑居ビルに向かった。

無機質な部屋に無機質な受付の人。

ここにロボットがいたって同じなのにと思いながら、

前の人が受けていた説明を同じ尺の分だけまた聞かされ、

前の人が待った分だけ待合で座らされた後、

前の人となんら変わらないルートで席に案内される。

「世の中、金をもらって生きるようになるって大変だなあ」

というようなことを考えていたと思う。

 

インターネットの繋がらないモニターを目の前に、

クリックすると心理テストみたいなクイズが始まる。

あまりの問題数の多さに途中イライラする。

こういうイライラも結果に反映されてんのかと思うと

もうどうにでもなれとヤケになる。

 

そのとき目に飛び込んできたのは、

 

『明日はもっといい日になると思いますか?』

 

手が止まる。

どうだろう、明日。

大量生産のES。続々と帰ってくる書類落選メール。

グループワークに面接。みんしゅうにポータルサイト。親の顔色。

結果が出ない。終わらない。終わらない。終わらない。

 

そんなことを引き続きイライラと考えながらも、

わたしは、迷わず「はい」をクリックしていた。

 

「まあまあそう思う」じゃない、正真正銘の「はい」。

 

ーーーーー

 

明日は絶対に今日よりも良い日だ。

 

それは今も毎日そう思う。

なぜなら、わたしがそう仕向けるから。

わたしの明日をつくるのは、わたしだから。

 

就活からつい最近まで、

わたしの明日を作っていたのは、「誰か」だったと思う。

社会の目、体裁、みんなの信じる安定、固定観念

それに寄りかかっておいて、ぬくぬくと文句ばかり言っていた。

 

やっとそういうものを外から見てあげられるようになって

そうして初めてちゃんと考えることができた。

 

何をするかじゃなくて、

そこに納得感はあるか。ということ。

週5・9時5時の生活は悪じゃない。

在宅やリモートワークが正解でもない。

 その生活が好きですか?という、ただそれだけのこと。

もし好きじゃないなら、なにか違うなと思うなら、

動くしかない。

じゃあ私は何が好きなのか、何が苦手なのか。

自分の目で耳で、手足で考え続けるしかない。

どっちにしろ「金をもらって生きるようになるのは大変」なことです。

 

それでも、たのしいと思っているということは、

しばらくの間、

わたしの明日は引き続き、もっと良くなっていくのではないでしょーか。

 

 

 

*****

 

今日お昼を買いに入ったコンビニにて。

横のレジにいた就活生女子を見てぼんやりと思い出したことなど。

 

大学生のときの自分に聞かせてやりたいけど

悲しい哉、人は自分で気づくことでしか前に進めないんだそうな。

 

夏の風物詩におもうこと

24時間テレビ。とっても感動した。

 

重い病気を患うりんたろうくん、という男の子。

幸せなことは?と聞かれると、13歳にして

「普通に暮らしていること」と言う。

どんなにたくさんのことを考えてきたんだろう。

 

もうひとつ、彼のすごさ。

人をくすっと笑わせる言葉選びで、笑いを忘れないところ。

たくさんのものに触れて、自分なりの言葉・表現で何かを伝えようっていう

情熱がすごく伝わってきて、もうただただ呆気にとられてしまった。

 

『ハンディキャップっていうのは、個性。

 背が高い人もいれば低い人もいる。それと同じ。』

 

大きいなあ。

偉大だなあ。

 

 

今年の24時間テレビ、

時を経て全員が良い感じのおじさまになりかけているV6と、

いつのまにやら十人十色の魅力を発見しはじめたへいせいジャンプ。

いいな〜見てるだけで癒されるな〜と思っていたけど

こどもたちとのストンプとか、りんたろうくんとか、

いろんな素敵なものを見せてもらった。

 

”チャリティ”という言葉の持つ感覚に

素直になりきれない私だけど、

正しいか正しくないか。是か非か。いや、そうじゃない。

 

やるか、やらないか。

 

いつも楽しみにしているルミネの広告。その中でも好きなもの。

『恋は奇跡、愛は意思』

何年にも渡って続けられていることのもつ意味とその功績。

頭の下がる思い、な日曜日でしたとさ。

 

f:id:tiknnikisi:20150824164909j:plain

 

 

写真は、何年かぶりに見に行った花火大会。

日本の夏を満喫しましたよっと。

ようこそ、こちら側へ。

昨日は、初めての取材。

とってもとっても緊張して、前日夜あまり眠れず。

妙に早起きしてしまったりして。

 

事前資料とにらめっこしても、

実体験のパワーにはかなわない。

これからきっと、ボコボコにやられるんだろうなあ!

ぞくぞく。

 

それでもひたすら、誠実に。

でも、まじめにふざける。

きっと文章やアウトプットにそれも現れてくるはず。

 

**************

取材先の代表にすこし、自分の話をした。

どうして今私がここにいて、あなたと話をしているのか。

すると彼はこういった。

 

「ようこそ、こちら側へ」

 

彼がこちら、あちらと呼ぶ何か。

 

頭に浮かんだのは、

『こちら』に来たことで変わったいろんなものたち。

 

無くなったもの。

通勤ラッシュ、

小金庫、

ルーティーンワーク、

制服、

韓国語を使える環境 ( 結構深刻!

社会保険

安定収入。

 

 

新しく手に入れたもの。

ゆとりある時間、

私服生活(オーバーオールで出社)

眉上2cmのアシメ前髪、

文章やメディアに関わる仕事、

「自由」と引き換えに「責任」、

インプット絶対的不足の歯がゆさ。

休まらないアタマ。

 

自由というのはどうやら、ちっとも楽じゃないらしい。

 

 

ー『こちら』にくる覚悟。

まあやってみな、とでも言われた気分になった瞬間でした。

 

 

写真は、初取材後のランチで

先輩から譲り受けたヨーグルト。

ちょい歌舞伎風。おいしゅうございました。

 

f:id:tiknnikisi:20150820235526j:plain 

なんでもないもの

f:id:tiknnikisi:20150817222937j:plain

 

先日やっとのことで、ブルーボトルコーヒー@清澄白河に行ってきました。

 

レジのおしゃれお兄さんが、

店内でお召し上がりでしたらアイスコーヒーはグラスでご用意してもいいですか?

と仰るので、ええもちろんです。と答えたはいいものの、

カメラを構えてふと気づく。

 

これじゃあ。

これじゃあ。。

 

ブルーボトル感、ゼロ!

ただのアイスコーヒーじゃないか!

 

あの青いへにゃっとしたイラストがないと……

こうなったらもうただひたすらブルーボトル感を排除した写真にしてやると思い

撮ったものは上記の通り。

 

なんとも涼しげでしょう。ええ。

 

 

ぞうさんジョーロに何が?

某スーパーにて。

 

 

現場では依然として、こう着状態が続いているということです。

 

ただならぬ雰囲気をそこはかとなく醸し出し続ける

ぞうさんジョーロの佇む某スーパーからお伝えしました。

 

f:id:tiknnikisi:20150817221955j:plain

ミッションインポッシブる、セミ。

1発目の今日は、

季節ですよね。

蝉ネタを。

 

 

『ミッションインポッシブる、セミ。』

 

自宅から車で20分くらい離れたスーパーはビールの品揃えがいいと家族が言ったので、

にわかビール好きな私もそそくさとついていった。

駐車場に車を止める家族を待って入口付近をうろうろしていると

「ジジっ」と、セミの声だけが響いた。

あらいやだ、セミ。夏よねえ。

今年はセミの声聞かなかったなあ、って毎年おもうよね。くす。というようなことを思って店に入る。

 

うわさ通りその店のビールの品揃えはかなり良かった。(一番飲みたい銘柄は案の定なかったけど)

とはいえ酒は飲めない体質なので1〜2本厳選してカゴに入れる。

その後もスナックやらチーズ、つまみ類を物色していると

「ジジっ」と、セミの声がするではありませんか。

驚いてあたりを見渡すと足元には、セミ。

どこかからコトっと落ちたように仰向けでもがいている。

ひゃあ!と反射的に後ずさるが、状況が理解できない。

 

現在、商品棚周辺には私しかいない

そうだ、店に入る前にセミの声を聞いたんだ

でもあれは外だったし姿も見えなかった

もしかして……

 

私が連れてきた????

 

 

仰向けになりあえぐセミ氏を横目に

ダッシュでその場を立ち去ったことは言うまでもない。

 

お店の人、ごめんなさい。

 

それにしてもスカートの死角部分にひっついて入店を試みるなんて。

トムもびっくりってなもんです。

 

 

 

今日の1本

『バックトゥザフューチャー』

なんだこれ!おもしろい!

伏線が緻密でイタズラで、これはいい映画。