読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Have Fun、な気持ちで。

おもう、かく、かたちにする。

明日はもっと。

『明日はもっといい日になると思いますか?』

 

わたしは迷わず「はい」をクリックする。

 

ーーーーー

 

たしか秋葉原

就活中だったわたしはなにやら試験を受けろと言われたので、

とある雑居ビルに向かった。

無機質な部屋に無機質な受付の人。

ここにロボットがいたって同じなのにと思いながら、

前の人が受けていた説明を同じ尺の分だけまた聞かされ、

前の人が待った分だけ待合で座らされた後、

前の人となんら変わらないルートで席に案内される。

「世の中、金をもらって生きるようになるって大変だなあ」

というようなことを考えていたと思う。

 

インターネットの繋がらないモニターを目の前に、

クリックすると心理テストみたいなクイズが始まる。

あまりの問題数の多さに途中イライラする。

こういうイライラも結果に反映されてんのかと思うと

もうどうにでもなれとヤケになる。

 

そのとき目に飛び込んできたのは、

 

『明日はもっといい日になると思いますか?』

 

手が止まる。

どうだろう、明日。

大量生産のES。続々と帰ってくる書類落選メール。

グループワークに面接。みんしゅうにポータルサイト。親の顔色。

結果が出ない。終わらない。終わらない。終わらない。

 

そんなことを引き続きイライラと考えながらも、

わたしは、迷わず「はい」をクリックしていた。

 

「まあまあそう思う」じゃない、正真正銘の「はい」。

 

ーーーーー

 

明日は絶対に今日よりも良い日だ。

 

それは今も毎日そう思う。

なぜなら、わたしがそう仕向けるから。

わたしの明日をつくるのは、わたしだから。

 

就活からつい最近まで、

わたしの明日を作っていたのは、「誰か」だったと思う。

社会の目、体裁、みんなの信じる安定、固定観念

それに寄りかかっておいて、ぬくぬくと文句ばかり言っていた。

 

やっとそういうものを外から見てあげられるようになって

そうして初めてちゃんと考えることができた。

 

何をするかじゃなくて、

そこに納得感はあるか。ということ。

週5・9時5時の生活は悪じゃない。

在宅やリモートワークが正解でもない。

 その生活が好きですか?という、ただそれだけのこと。

もし好きじゃないなら、なにか違うなと思うなら、

動くしかない。

じゃあ私は何が好きなのか、何が苦手なのか。

自分の目で耳で、手足で考え続けるしかない。

どっちにしろ「金をもらって生きるようになるのは大変」なことです。

 

それでも、たのしいと思っているということは、

しばらくの間、

わたしの明日は引き続き、もっと良くなっていくのではないでしょーか。

 

 

 

*****

 

今日お昼を買いに入ったコンビニにて。

横のレジにいた就活生女子を見てぼんやりと思い出したことなど。

 

大学生のときの自分に聞かせてやりたいけど

悲しい哉、人は自分で気づくことでしか前に進めないんだそうな。