読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Have Fun、な気持ちで。

おもう、かく、かたちにする。

近ごろ気になるクリエイティブ。

最近、気になっていること。

クリエイティブに生きる
クリエイティブな仕事
クリエイティブな休日
クリエイティブな。

「クリエイティブ」ってなにさ!という疑問。

編集部に来てからの5か月、私はこの「クリエイティブ」とやらにえらく苦しめられました(絶賛進行形)。モノでもコトバでもない”得体の知れない何か”を産み出すことがこんなに辛いものかと、ひっくり返りそうになったものです。
何故それほどまでに苦しいのか、その度に理由を考えました。アイディアが採用されない、そもそも斬新さに欠ける、これなんでやるの?という問いに答えられないなどなど。そうこうするうち思考回路はショート寸前♪ なんてふざけてみても、容赦なく迫りくるクリエイティブの「影」。クリエイティブとかどっか飛んでけよ、と本気 で思ってました。

そんなある日、ふと気づいたんです。

私がこんなに辛い理由、それは周囲に認められないからではなく「自分を信じられないから」ではなかろうかと。

世の中には100点のものなんかない。マクドナルドのマークだって、ユニクロのロゴだってあれじゃなくてもいい。黄色じゃなくたって、四角くくなくたっていい。でも、彼らが想像を絶する苦労と時間とお金を費やしたそれらは、100点に限りなく近い形で私たちの生活に馴染んでいる。なんとなく、あれじゃなきゃだめっしょ!と私たちに思わせていることのすごさ。やばい、その壮大さにもう泣きそう。

自分だからこそ産み出せたものを「価値がある」と信じるためには生半可な理由づけでは周囲には伝わらない。自分の中でなんでなんでとだってだってを繰り返し繰り返し問い続けて、そこで初めてぼんやりと形になる。

だからクリエイティブは孤独だ、というのが25歳と9ヶ月のわたしが出した結論。

なにこれ超偉そう。

もう年末の秘境旅行が楽しみすぎる。逆にそれしか楽しみがない。干物担当の夜。